目標が持てる

浅草の風景

東京、この街のイメージはやはり日本の首都、大都会、そんなものになると思われます。
しかしながら東京と一口に言っても、面積がいくら狭かろうと、二十三区を離れれば意外と緑は多いですし、田舎といえる地域もあります。
実際に村とつく場所もあるので、テレビで取り上げられるイメージがすべてではないのです。
そしてそんな東京も農作物がとれますし、家畜なども飼育しています。
江戸時代からこんこんと続けてきている農家さんもいますし、近頃は地域ブランドに力を入れていて、新しいキウイフルーツを開発し、東京キウイという名称で農林水産省に品種登録をしています。
また同じようにウドや甘ガキなどもあって、少し目を中心部から離せば普通に農作物が育てられています。

それでも面積の狭さはほかの農業地域とは比べ物になりませんし、やはり年々、農家の後継ぎがいなくなり農業に関わる人が減ってきています。
しかしながら反対に全く異なった職種をしていた人たちが新たに参入するなど、活発な動きも見せています。
東京で農作物を作るメリットはすぐそばに巨大な市場があることで、買い手側は地方から取り寄せるよりも新鮮な品が手に入りますし、東京ブランドとして確固たる地位を築けば、それそのものが評価され需要は拡大していきます。
都内で店を開くなる地域限定という特殊性を付けることもありますし、また近頃では農業に関わらない企業も興味をもって、工場化など新たな試みが見られています。
一見すると農業とは遠く感じられますが、実は身近なものとなっているのです。